このエントリーをはてなブックマークに追加

エールライフコラム

column

2017/10/16
【社内行事】弊社求人ページの取材がありました

先日、キャリア求人サイト『DODA』の取材がありました。

皆さまからの温かいご支援を賜りまして、弊社は前年比130%を超える成長率を達成することができました。
更なる成長の加速へ向け、新卒だけでなくキャリア人材の積極採用を進めています。

若手社員を中心にインタビュー、写真撮影をしていただきました。
先週から掲載をスタートしております。一人でも多くの方とご縁があれば幸いです。

“ 世界で最も有名 ” といわれる求人広告は?

弊社のみならず、
人財採用の手法として求人広告を利用されている企業さまは多いかと思いますが、
今回は私が感銘を受けた、約100年前の有名な求人広告をご紹介します。

—————————————————————————————–

 求む男子。
 至難の旅。わずかな報酬。極寒。暗黒の日々。絶えざる危険。
 生還の保障はない。成功の暁には名誉と賞賛を得る。

 Men wanted for hazardous journey. Low wages, bitter cold,
 long hours of complete darkness. 
 Safe return doubtful. Honour and recognition in event of success.

—————————————————————————————–

これは1914年、探検家のアーネスト・シャクルトンがロンドンの新聞に出した
『南極探検乗組員募集』の求人広告。

一説では、
たった三行のこの広告に15歳の少年を含む5,000名以上もの応募が集まったそうです。

勤務地や待遇は、決して恵まれたものではない。
しかし、仕事の真価を包み隠さず真っ直ぐに伝えるという行為が多くの共感を呼び、
心を揺さぶるメッセージに変わるのだと気付かされました。

もちろん、採用広告という観点から学ぶことは多いですが、
それだけでなく、この言葉に触れる度に
「自分も人を突き動かすような仕事をしたい」と思わせてもらっています。





【お問い合わせ先】
株式会社エールライフ 広報担当:小池
TEL:03-5651-5558 FAX:03-5641-5756
メールフォームはこちら

資料請求・お見積もり
ご相談はこちら
新サービスご案内×
新人活躍支援プログラム
オンライン研修なび