このエントリーをはてなブックマークに追加

エールライフコラム

column

2017/09/11
【記事紹介】学生の96%が参加?東商が中小企業のインターン支援

日本経済新聞でこんな記事を見つけましたのでご紹介します。 
― 中小インターン支援用の手引書 東商が発行 ―

今までインターンシップや就業体験を導入したことのない中小企業さま向けのハンドブックです。
目的に合わせたプログラム例、実施にあたってのチェックリスト、学生との締結覚書などの各種書類が掲載されています。
下記URLより閲覧できますので、ご興味のある方はご確認ください。
『インターンシップ・職業体験ハンドブック』

2019卒インターンシップ意識調査

就活サイト『キャリタス就活』を運営しているディスコが
1,320名の2019年卒学生を対象にインターンシップに関する調査を行いました。

概要をまとめると、

 8月中旬の調査時点で、
 ・インターンシップに応募したことのある学生は90.2%、参加経験を持つ学生は54.5%
 ・今後インターンシップに参加したい学生は96.0%
 ・インターンシップに参加したい時期として最も多かったのは「9月」で71.9%
  また「12月」~「2月」にかけて、いずれも50.0%を超える

参照:2019年卒学生の就活準備とインターンシップに関する調査

インターンシップは1DAYもOK?

2018年卒採用では、採用・就職活動期間の短縮に伴い
インターンシップという新施策の導入に踏み切られた企業さまも多いのではないかと思います。

来年度の2019年卒採用でも、これまで「5日間以上」と定めてきたインターンシップ(就業体験)を
「1日」だけでもインターンとして認めると経団連が決定したことから、この風潮が加速を進めていくことが予測されます。

これから冬季インターンシップが盛り上がってくる時期ですが、
「プログラム構成に悩んでいる」という人事担当さま向けに、初対面同士のグループワーク等に使えるアイスブレイク集をご用意しています。
このコラムをご覧くださった方には“ 無料 ”でお渡しできますので、ご興味のある方はお気軽にお問合せください。





【お問い合わせ先】
株式会社エールライフ 広報担当:小池
TEL:03-5651-5558 FAX:03-5641-5756
メールフォームはこちら

資料請求・お見積もり
ご相談はこちら
新サービスご案内×
新人活躍支援プログラム