実践型経営シミュレーション研修

研修課題

・ コストに対して他人ごとで考えており、責任感が欠如している

・ 幹部候補として必要である経営視点での判断ができない

・ 財務諸表に関する知識が希薄である

研修主旨

当該研修はぷちレストランの経営を通して、経営におけるキャッシュフローや経営視点を習得するものです。
受講生は、5~6名程度のグループに分かれて頂き、決められた資本金の中で会社登記、賃料の支払い、
レストランの商品の調理や食材の仕入れ、営業プロモーション、全体の資金管理を行っていただき、
経営の流れを体感していただきます。
当該研修の中のキャッシュフローを通して、P/L・B/Sの作成を行い、経営の難しさやコスト意識の大切さを肌で感じて頂くことができる為、今までの研修や教育では困難であった経営者の立場や視点を理解することが可能となります。

研修の狙い

『他責から自責へのコスト意識の変革』
当該研修を通して、企業(店舗)経営のキャッシュフローを体感することで、
経営の難しさやコスト意識の大切さを肌で感じとり、他責から自責へのコ
スト意識の変革を図ります。

『幹部候補として必要不可欠な経営視点を養う』
研修を通して、経営者(オーナー)の立場を疑似的に経験することで
キャッシュフローの複雑さを体感し、経営的な視点を養います。

『財務諸表を理解し、人財に対する投資の重要性を理解する』
ぷちレストラン経営を通して、会社(店舗)の資金管理を行い、P/L(損益
計算書)やB/S(貸借対照表)の仕組みを理解します。それにより、人財
に対しての投資が、どれほど大きく且つ重要であるかを認識します。

研修プログラム

イントロダクション
・国一番の“名レズトラン”を創れ!
あなたの資本原資

・夢を実現する共同経営者を探せ!
夢を叶える共同経営者
共通目標の重要性と役割分担

・組織 -目標あるチーム-
組織の成立要件と目的がもたらす複雑さ

・国一番の“ぷちレストラン”を目指す(PDCAの実践)
ぷちレストランのイメージ
夢のお店のオープン

会社登記とお店の契約
不動産(お店)の契約

企画書づくりその1
原価計算と販売値の決定
エール銀行からのお知らせ
一流の食材の仕入れ
企画書づくりその2

・国一番の“ぷちレストラン”開店
ぷち料理づくり(調理)
ディスプレーの製作

店舗運営
ぷち料理販売
営業プロモーション
資金管理

店舗運営を通して、経営の
流れを体感して頂きます。

・会社(店舗)の財務状況を把握する
会社の経常状況を示す
報告書

損益計算書(P/Lシート)の作成

国一番はどのぷちレストラン?

貸借対象表(B/S)シートの作成

・経営シミュレーション研修
まとめ

研修の振り返り
もう1期お店を経営するならば

純利益を出していくには

会社のあなたへの投資額は?

実施概要

【実施概要】
研修日数  :1日間 もしくは 1泊2日   適正人数 :36名~(講師1名)

料 金 :900,000円~/36名様~
※36名以降は別途1名25,000円~ 別途交通費

そ の 他 :・全プログラムグループワーク形式にて進行

ご相談・お問い合わせはお気軽に