Power AutomateによるRPA技術導入研修              

研修課題

Power AutomateによるRPA技術導入研修では、
企業内の反復作業の自動化を実現するための具体的なプロセスを学びます。
手動によるデータ入力や業務フローの自動化に関連する問題解決を図ります。

 

~RPAを利用することで、
例えば以下のような業務を自動・効率化できます~

【データ入力と管理】
手動で行っていたデータ入力作業や、
異なるシステム間のデータ転送を自動化します。
例:顧客情報の入力や更新、売上データの集計など

【請求書処理】
請求書の受け取り、データ抽出、承認プロセス、
会計システムへの入力などの一連のプロセスを
自動化します。

【定型的なレポート作成】
毎月や毎週の定期的なレポート作成を自動化し、
必要なデータを収集、整理、フォーマットして、
レポートを生成します。

【メールの自動処理】
受信メールの仕分け、返信、添付ファイルの保存や処理などを自動化し、
メール対応にかかる時間を削減します。

【人事業務の自動化】
勤怠管理、給与計算、従業員データの更新などの
人事業務を自動化し、
これにより人事部門の作業負担を軽減します。

研修主旨

この研修は、
RPA(Robotic Process Automation)技術の
基礎を学び、業務効率化を目指すものです。
特に、MicrosoftのPower Automateを利用したRPAツールの使い方を習得します。

また、RPAの導入により、繰り返しの多い事務作業やデータ入力などを自動化し、
人的ミスを減少させることを目指します。

RPAの基本的な概念や導入事例を通じて、具体的な適用方法を理解し、
社内での導入に向けた知識と技術を習得します。

 

研修の狙い

自社の業務プロセスを自動化し、効率化と生産性向上を図ることです。
実際の業務フローを模した演習を通じて、実践的なスキルを身につけます。

RPAの導入により、業務時間の短縮やコスト削減を実現し、
より価値の高い業務に集中できる環境を作り出します。

また、RPAを活用することで、業務の標準化と品質向上を図り、
業務プロセスの一貫性と精度を向上させます。

 

デジタル技術を活用して、業務の効率化を図ること
顧客や社会ニーズを基に製品やサービス、
ビジネスモデルを変革する等、
競争上の優位性を確立することを目的にした研修です。

ご相談・お問い合わせはお気軽に