Power Apps研修~ローコードで作れる!業務アプリ開発研修~

研修課題

Power Apps研修は、社内業務を効率化するための
アプリケーション開発の課題を解決します。

具体的には、名簿管理、売上データ処理、
在庫管理などの業務を
自動化するアプリを開発する手法を学びます。

 

~Power Appsを利用することで、
例えば以下のような業務を自動・効率化できます~

【データ入力フォームの作成】
手動で行っていたデータ入力業務を簡素化し、
モバイル端末からでも簡単にデータを入力できる
フォームを作成します。
例:現場からの作業報告や顧客情報の登録。

【在庫管理システムの構築】
在庫の入出庫をリアルタイムで管理し、在庫レベルを常に把握するためのアプリを作成します。
これにより、手動の記録やエラーを減少させます。

【営業活動の追跡】
営業担当者が訪問先でリアルタイムに活動記録を
入力し、顧客情報や商談状況を一元管理できる
アプリを構築します。
これにより、営業活動の効率化とデータの
一元管理が実現します。

【従業員の勤怠管理】
出勤・退勤の記録や休暇申請をデジタル化し、
ペーパーレスで管理できるアプリを作成します。
これにより、手作業のミスを減らし、
勤怠管理プロセスを効率化します。

【プロジェクト管理】
プロジェクトの進捗状況をリアルタイムで管理し、
タスクの割り当てや進捗報告を
簡単に行えるアプリを構築します。
これにより、プロジェクトの透明性と
チームのコラボレーションを向上させます。

研修主旨

Microsoftのローコードアプリ開発ツールであるPower Appsを使用して
企業内で使用する業務アプリケーションを開発するスキルを学びます。

ExcelやSharePointなど既存のデータソースを活用し、
実用的なアプリケーションを迅速に作成できるようになることを目指します。

Power Apps研修の目的は、
非IT部門の方も含めて幅広い層がアプリ開発に
参加できるようにすることです。
これにより、業務のデジタル化を迅速に進め、企業全体の生産性向上を図ります。

また、業務に密着した実践的なケーススタディを通じて、
実務に即したスキルを身につけることができます。

研修の狙い

業務効率化を実現するアプリケーションを自分で開発できるようになることです。
ローコードの手法を学ぶことで、
IT部門以外の方でも簡単にアプリ開発ができるようになり、
社内のデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進します。

また、Power Automateとの連携方法も学び、
自動化プロセスをさらに強化することができます。

単にアプリケーションを開発するスキルを習得するだけでなく、
業務改善の視点を持ち、継続的に業務プロセスを最適化していく能力を養うことも目的です。

これにより、一人ひとりが自らの業務効率化に主体的に取り組む文化を醸成し、
組織全体でDXを推進する基盤を強化します。

Power Appsを活用することで、企業内のデジタルイノベーションを加速させ、
競争力を高めることが期待されます。

 

デジタル技術を活用して、業務の効率化を図ること
顧客や社会ニーズを基に製品やサービス、
ビジネスモデルを変革する等、
競争上の優位性を確立することを目的にした研修です。

ご相談・お問い合わせはお気軽に