このエントリーをはてなブックマークに追加

エールライフコラム

column

2018/04/27
【記事紹介】今年の新卒は「プライベート優先」?それとも「キャリア志向」?

本日の日本経済新聞にこんな記事を見つけました。
― 定時に帰りたい、出世もしたい 新入社員の育成法は ―

記事には、トーマツイノベーション・マイナビ・日本能率協会の3社が今年の新入社員を対象にアンケート調査した結果が掲載されています。
せっかくですので、簡単な概要をご紹介します。

アンケート調査の概要

・「定時に帰りたい」と答えた人が初めて4割超え(トーマツイノベーション)
 ・「プライベート優先の生活を送りたい」と答えた人の合計が75.8%(日本能率協会)
 ・ 2015年以降減少傾向にあった「出世したい」と答えた人の合計が3.6ポイント増の91.9%(マイナビ)
 ・「実力・成果主義と年功主義のどちらがよいか」を聞いた質問では、前回調査より8.6ポイント高い65%が「実力・成果主義」と回答(日本能率協会)
 ・「理想的だと思う上司はどんな上司か」を聞いた質問では、「部下の意見・要望を傾聴する上司・先輩」が最も多く33.5%(日本能率協会)

仕事とプライベートのバランスを重視する世代

2017年の流行語にもノミネートされた「働き方改革」。
どうしてもプライベートや福利厚生の充実といった項目にフォーカスが向きがちですが、
“ 制度が整ってさえいれば良い組織 ”かというと、必ずしもそうとは限らないのではないでしょうか。

新入社員自身が自分の働き方としっかり向き合い、その上で会社とWIN-WINの関係を築けることが、本来の改革となるのではないかと考えます。

そうした組織・社会づくりに貢献すべく、当社としても引き続きサポートに尽力してまいりますので
何か気になることやお悩みなどがありましたら、いつでもお気軽にご相談くださいませ。



【お問い合わせ先】
株式会社エールライフ 広報担当:小池
TEL:03-5651-5558 FAX:03-5641-5756
メールフォームはこちら

資料請求・お見積もり
ご相談はこちら
新サービスご案内×
新人活躍支援プログラム