このエントリーをはてなブックマークに追加

エールライフコラム

column

  • HOME
  • エールライフコラム
  • 【レポート】困難な状況をチームで乗り越え、社会人スキルを磨く無人島サバイバル研修
2017/11/15
【レポート】困難な状況をチームで乗り越え、社会人スキルを磨く無人島サバイバル研修

10月某日、弊社が扱う3泊4日無人島サバイバル研修を納品してきました。
本日はその様子をご紹介したいと思います。

今回研修をご導入いただいたのは、大阪に本社を構え、国内外にも多くの拠点を持つ大手プラスチック製品メーカーさま。
管理職研修の一環として、各拠点でチームを率いる国籍も年齢も多様な25名の受講生が参加くださいました。

プログラムのご紹介

【概要】
日常生活から隔離された大自然のフィールドを無人島と見立て、
チームでサバイバル生活を共有します。

電化製品や文明の利器の使用を禁じた困難な状況を創意工夫とチームワークで乗り越え、
主体性、リーダーシップといった社会人における必須能力を強化します。


【プログラム】
この研修は、通常の社員研修のようなディベートやワークショップはありません。

・携帯などの電気機器や貴重品の持ち込みは禁止
・食事は、火おこしから行う完全自炊
・寝床は数枚のブルーシートで自作

こうした条件下で、受講生同士が協力し合いながら
シナリオ無制限のサバイバル生活を乗り越えていただきます。

今回の研修は、あいにく不安定な天候続き。
加えて異なる言語や文化、キャンプ未経験者が多数という厳しい環境の中でも
全員がチームに貢献すべく、リーダーシップを発揮されている姿が印象的でした。

最後の夜は全員でキャンプファイヤーを囲みます。
普段は異なる拠点で活躍する管理職の方々ですが、
こうした非日常経験の中で、一体感を感じていただけたのではないかと思います。



※以下のページでは、別企業さまの「無人島サバイバル研修体験記」を掲載しています。
 ご興味のある方は併せてご覧ください。
 http://yelllife-interview.com/survival/

アンケートのご紹介(一部抜粋)

・我々の研修を多岐にわたってサポートしていただきありがとうございました。
 日常生活では得られないリーダーシップの役割が見えてきた気がします。

・それぞれが得意なことを、自ら率先して実行することが良いチームワークにつながる。
 また、異なる意見や考えをいかに良い方向に向けていくかが大変だった。
 これらの経験を今後の仕事にしっかりつなげていきたい。

・言葉も通じない中、4日間を共に暮らし、
 日に日にコミュニケーションが取れるようになってきたことがすごく良かったです。

・チームメンバーが互いのことを思い合い行動できたことがとても良かった。





※より詳細な情報をご希望の方は、下記よりお気軽にお問い合わせください。
 当日使用したテキストやタイムスケジュールなどをご紹介させていただきます。

【お問い合わせ先】
株式会社エールライフ 広報担当:小池
TEL:03-5651-5558 FAX:03-5641-5756
メールフォームはこちら

資料請求・お見積もり
ご相談はこちら
新サービスご案内×
新人活躍支援プログラム