このエントリーをはてなブックマークに追加

エールライフコラム

column

2017/12/07
【コラム】内定辞退を食い止める~心理学を活用したアプローチ⑤~

前回までのコラム
内定辞退を食い止める~心理学を活用したアプローチ①~
内定辞退を食い止める~心理学を活用したアプローチ②~
内定辞退を食い止める~心理学を活用したアプローチ③~
内定辞退を食い止める~心理学を活用したアプローチ④~

——————————————————————————

いよいよ本テーマのコラムは最終回です。

内定辞退を食い止めるためには、時期に応じた不安の解消と適切なフォローが重要。

これまで

【第1段階~採用広報期間の前後~】   “ 社会人になること ”の不安
【第2段階~内定や内々定の承諾前後~】 “ 会社選択 ”の不安

と、段階に分けたアプローチをご紹介してきました。

今回は最後の第3段階に触れていきます。

【第3段階】 “ 人間関係 ” の不安

段階としては、内定承諾や内定式後~入社までの期間。
入社の意思を固め、“会社選択”の不安を解消されたその後、
学生が新たに抱える不安とは一体どのようなものでしょうか。

マイナビが内定獲得済みの2017年卒学生対象に実施した調査では、次のような結果となりました。

入社するにあたっての一番の不安はなんですか?

   第1位 上司や先輩との人間関係 45人(33.3%)
   第2位 仕事内容        20人(14.8%)
   第3位 配属先         16人(11.9%)
   第3位 同期との人間関係    16人(11.9%)
   第5位 仕事に関する知識    9人( 6.7%)

最も多くの学生が不安に感じているのが『上司や先輩との人間関係』。
『仕事内容』『配属先』と続きますが、会社が組織である以上、いずれも人間関係とは切っても切り離せません。

実際に、「離職理由の70%は人間関係によるもの」と言われているほど。
新たな環境で、上司や先輩、同期といった新たなパートナーとどのような関係性を築くか。
この不安に対するフォローにより、内定辞退防止の成果が大きく変わってくると感じます。

誰しも起こす「内定ブルー」。対処法は?

『内定ブルー』というキーワード、耳にしたことのある人事担当者さまも多いと存じます。

「自分が思い描く環境ではないかもしれない…」「自信がなくなってしまった…」など、
内定を得た後に、漠然とした不安を抱えてしまう現象を『内定ブルー』と呼びます。

採用期間の短縮化が進む近年、この内定ブルーを経験する学生は増加傾向にあり、
一人で考え込む機会が増えたり、周囲の意見に振り回されてしまう状況で陥りやすいようです。

こうした状況を打破する上でも、 人間関係を深めることが一つのヒントとなりうると考えます。
まずは、窓口である人事担当者さまとの “ つながり “ を強めることを前提に、
≪入社後の人間関係の構築≫ をサポートできるようなアプローチをおススメします。

上記を踏まえ、内定後のフォローへ取り入れやすいポイントをまとめてみましたので、
参考にしていただけましたら幸いです。
———————————————————————————————————–

 〇内定後~入社までの期間は、企業側からの定期的な連絡だけでなく
  内定者から質問・相談しやすいツール(対面・電話・メール・SNS等)の構築や雰囲気づくりに努める

 〇懇親会などの入社前のスケジュールは素早くオープンにし、不安要素をできるだけ排除する

 〇同期や既存社員とのコミュニケーションを図る際は、単に機会を設けるだけでなく
  信頼関係や共通点を形成できるようなテーマやコンテンツを工夫する

 〇入社前の研修では不用意に不安を煽らない
  学生が自信や覚悟を感じられるよう、その目的や入社後期待することなど
  会社からのメッセージを明確にした上で実施する

———————————————————————————————————–



【お問い合わせ先】
株式会社エールライフ 広報担当:小池
TEL:03-5651-5558 FAX:03-5641-5756
メールフォームはこちら

資料請求・お見積もり
ご相談はこちら
新サービスご案内×
新人活躍支援プログラム